セックスの満足感を向上させるためのオーガズムについて

刺激になれておく

sad woman

女性がオーガズムに至るためには準備が必要です。いきなりオーガズムを感じられる人はなかなかいませんので、事前に準備をしておきましょう。
まずどのオーガズムにも同じことが言えるのですが、自分の性感帯と最も感じる刺激の仕方を知っておきましょう。
女性の身体は感じ方に個性がありますので、同じ性感帯でも最適の刺激の仕方が異なります。撫でるのがいいのか、つまむのが良いのか、舐めるのが良いのか、最も気持ちいいものを知っておきましょう。
胸や耳など、性器以外にも性感帯を見つけておくことで、よりオーガズムに至りやすくなります。特に胸は多くの女性が強い快感を感じますので、オーガズムに至るのにかなり便利です。
中には胸で快感を全く感じない女性もいますが、自分で触っているうちに感じることができるようになりますので、感じれるようになるまで訓練を積みましょう。

外イキは多くの人が体感できるのですが、セックス時に中イキを体感するには更に準備が必要です。
大切なのは自分のGスポットの場所をしっかり把握しておくことです。Gスポットは膣内に指を入れたときに、第二関節を曲げて指が触れるあたりにあると言われています。
恥骨の裏側にある500円玉程度のエリアなので、的確に場所を把握しておかなければセックス時に刺激してもらうことは難しいです。
場所を知っておくためにも、刺激に慣らしておくためにも、オナニーでGスポットを刺激する癖をつけておきましょう。
あまり快感を感じれないという方は、外イキのあとにGスポットを刺激することで、脳に「Gスポットは気持ちが良い所」と覚えこませることが重要です。
セックス時に得る刺激はかなり強いので、刺激に慣れていないと痛みにしか感じられません。
刺激に対する訓練として、オナニーを行うことは非常に重要なのです。